千倍機械株式会社

千倍機械の歴史

千倍機械の前身は1986年に設立された千倍鉄工場で、当初は主にパンチングマシンの加工を行っていました;1988年、台湾の経済発展と産業の変化により、弊社はプレス加工から精密加工へと転換し、CNC旋盤フライス盤を主力生産設備として導入して、正式に社名を「千倍機械株式会社」に変更しました。
1998年には、より多くの機械を追加するために、工場を八里区に拡張し、当時の面積は約500坪でした。2003年には業務量の増加に伴い、生産設備の増設や様々な部門を設けて再び工場を拡張し、現在では工場の規模は約1000坪、従業員数は約90名となっています。

技術と経験

千倍機械は30年以上の技術と経験を蓄積し、製品は徐々に多様化しており、主にカスタマイズされた部品を生産しており、食品加工機械部品、繊維機械部品、半導体機械部品、化学医療機械部品、ワイヤーカット部品、高級自転車部品、各種金属部品などに広く使用されています。カスタマイズのニーズに応えるために、原材料の購入から専門的な機械加工、表面処理、最終製品の梱包、納品まで、完全なワンストップサービスを提供しています。プロの実力で良い品質を提供し、良い評判を獲得し、主な輸出国は、ヨーロッパやアメリカ(55%)、日本(25%)、国内販売や他の国(20%)であり、大規模な顧客基盤を蓄積しています。
千倍機械は豊富な経験と強い実力を伝承し、先進的な設備と総合的なサービスで、様々な業界のお客様のニーズにお応えし、信頼を得ています。変化の激しい社会の中で、我々は今もなお毅然とした態度で、より広い視野を持って、より多くのビジネスチャンスを創造するための革新と改革に努めています。

歴史・沿革

  • 1986年 – 新北市瀘州区に設立
  • 1988年 – プレス加工から精密専門加工への転換に成功し、CNC旋盤とCNCフライス盤を主力設備として導入
  • 1998年 – 新北市巴里区に新工場を拡張
  • 1999年 – ISO9002:1994認証取得
  • 2003年 – 二回目の工場拡張、規模は1000坪を達す
  • 2004年 – 九軸複合加工機を導入
  • 2006年 – 旋盤用ロボットアームを導入
  • 2013年 – 60台の機械加工機(CNC旋盤、フライス盤、複合旋盤、フライス盤)を所持、自動化三次元検査装置の導入
  • 2019年 – 機械設備を70台まで追加導入

企業の優位性

グローバルマーケティング

欧米 / 日本 / 国内 へ輸出

各産業領域へ足を踏み入れる

食品加工機 / 光学医療 / 半導体製造装置

ワンストップサービス

カットから検査・加工・梱包までフルサービス

30年の技術と経験

良質および高精度の製品を提供する専門の生産技術